新RoHS指令:改訂後のANNEXT(付属書T)


RoHS指令改正による規制対象製品のオープンスコープ化

改正RoHS指令(2011/65/EU)の規制対象製品は、旧RoHS指令(2002/95/EC)の規制対象10カテゴリに加えて、「その他の電気電子機器」として新たに11番目のカテゴリを設定し、対象範囲を拡大させました。
この改正により、除外される製品はあるものの、基本的には定格電圧で、AC(交流)1,000V以下またはDC(直流)1,500V以下の電気電子機器は全て改正RoHS指令の対象製品になります。

 

ちなみに、定格電圧は、入力側の電圧で判断します。
対象範囲の拡大のことを、オープンスコープ化などとも呼んでいます。

 

もともと旧RoHS指令の対象範囲を示すカテゴリは、WEEE指令で設定されており、ANNEX(付属書)TAに10カテゴリ、ANNEXTBに具体的な対象製品(機種)が記載されていましたが、今回の改正では、改正RoHS指令のANNEXT(付属書T)で11カテゴリを設定するのみとなりました。
よって、2011年7月1日時点で具体的な対象製品を指し示すものはなく、各企業が独自で対象か非対象かを判断することになります。

改正RoHS指令の対象範囲

ご参考:ANNEX I(付属書T)の和訳

Categories of EEE covered by this Directive
(改正RoHS指令によって適用される電気電子機器(EEE)のカテゴリ)

 

カテゴリ
No.
原文 和訳
1 Large household appliances. 大型家庭用電気機器
2 Small household appliances. 小型家庭用電気機器
3 IT and telecommunications equipment. 情報技術(IT)および電気通信装置
4 Consumer equipment. 民生用電子機器
5 Lighting equipment. 照明装置
6 Electrical and electronic tools. 電気電子工具(大型の定置型工作機械を除く)
7 Toys, leisure and sports equipment. 玩具、レジャーおよびスポーツ用品
8 Medical devices. 医療用機器
9 Monitoring and control instruments including industrial monitoring and control instruments. 監視および制御装置
10 Automatic dispensers. 自動販売機
11 Other EEE not covered by any of the categories above. 上記のカテゴリに適用されないその他の電気電子機器

 

改正RoHS指令では、新しく規制対象になるカテゴリ(製品)があり、それぞれに適用時期(規制開始日)が違うので注意が必要です。

RoHS2の超入門メール講座

改正RoHS指令の適用範囲とカテゴリ

改正RoHS指令の適用範囲とカテゴリ関連記事

対象製品の規制開始日
改正RoHS指令(2011/65/EU)では、医療用機器、監視・制御装置、その他の電気電子機器の3つのカテゴリで新たに規制が開始されます。
適用除外製品
改正RoHS指令(2011/65/EU)では、全11カテゴリが指定されていますが、適用除外製品が指定されています。
めっきの六価クロム含有濃度計算方法
RoHS指令対応で問題になる代表的なものがめっきのクロメート皮膜に含有されている六価クロムです。クロメート皮膜中の六価クロムはどのように計算すればよいでしょうか。
RoHS指令での均質材料の定義
RoHS指令では、均質材料(均一材料)中の規制物質の濃度を計算する必要があります。均質材料の定義とは?
規制物質と最大許容濃度
改正RoHS指令(2011/65/EU)では、新たに規制が開始される追加の制限物質(禁止物質)はありませんが、REACH規則を考慮して定期的に見直す物質として、4物質が挙げられています。
規制物質含有濃度の計算方法
RoHS指令では、規制物質の含有濃度は質量%(重量%)で計算されます。単位はwt%です。どのように計算すればよいのでしょうか。
新規追加物質とREACH規則
改正RoHS指令(2011/65/EU)で規制される物質は旧RoHS指令(2002/95/EC)で規制されていた6物質のままで新規の追加はありませんでしたが、定期的に見直す物質として4物質が挙げられています。
改正RoHS指令の適用除外用途一覧とANNEXV・Wの関係
改正RoHS指令(2011/65/EU)では、カテゴリ8、9専用の適用除外用途の付属書が作成されました。
改正RoHS指令に適用除外用途2種類が追加
改正RoHS指令(2011/65/EU)の適用除外用途に2011年9月10日、新たに2項目が追加になりました。
RoHS2(改正RoHS指令)の修正官報公布
改正RoHS指令(2011/65/EU)の修正官報が2017年11月21日に公布されました。修正内容の概要をまとめます。