中国他、各国の法体系


最近は中国、東南アジアの規格が整備されてきている

アジアの中でも電気電子業界に大きく関わってくるのが中国です。
輸出、輸入はもちろんのこと、製造工場をもつ会社も多いのが特徴です。

 

中国は、「規格」のことを「標準」といいます。
標準には国家標準、業界標準、地方標準、企業標準の4種類があり、強制的な規格、つまりその規制内容に対応しないと製造や販売等ができなくなるという規格も多くあります。

 

中国の規格で有名なのはCCC認証でしょう。
強制的な規格のうちの1つで、CCC認証製品に指定された場合は認証を取らないと中国に輸出(販売)できないというものです。

 

このように、準拠(適合)していない場合は生産・販売・輸入が禁止されるという種類(呼び方)を中国では「強制」といいます。
そのほかにも中国独自の体系が敷かれています。

 

また、最近は東南アジア等でも電気電子製品に関する規格類が整備されてきています。

RoHS2の超入門メール講座

中国・アジアの法令体系

中国・アジアの法令体系記事一覧

中国では、いわゆる「規格」のことを「標準」といいます。標準には国家標準、業界標準、地方標準、企業標準の4種類があります。強制性標準推奨性標準指導性技術文書国家標準GB XXXX-XXXXGB/T XXXX-XXXXGB/Z XXXX-XXXX業界標準xx XXXX-XXXXxx/T XXXX-XXXX地方標準DBxx/ XXX-XXDBxx/T XXX-XX−企業標準Q/XXX XXXX XX−...