REACHの付属書]Z


禁止・制限物質の追加(2010年4月)

2010年4月1日付のOfficial Journal(官報)で、REACH規則の禁止・制限物質の追加について公表がありました。
禁止・制限物質は、第67条に関連する事項となります。

 

REACHの禁止・制限物質は、付属書]Zに収載されていますが、このリストにある物質は元々、EU指令の76/769/EEC「危険な物質および調剤の上市と使用の制限に関する指令」に収載されていた52物質です。

 

REACHでは、76/769/EECを2009年6月1日から無効とし、付属書XVIIを2009年6月1日から適用するという内容の記載がありますが、2009年6月26日の官報でNo.53〜58の物質が追加され、対象物質は58物質となっていました。

 

さらに、2010年4月1日の官報で、これまでに公表されていた58物質に1物質が追加されることになりました。

 

新たに禁止・制限物質として追加になったのは、ジクロロメタンです。
Dichloromethane(ジクロロメタン): CAS No 75-09-2

 

これにより、禁止・制限物質は全部で59物質になりました。
付属書]Zは、物質が追加になるだけではなく、既に対象となっていた物質に関して、用途等を追加する場合や、表示方法などを修正される場合がありますので注意が必要です。
今回も、No.3の「危険な液体」について規制内容の修正があります。

 

2010年4月1日の官報に載っている禁止・制限の内容についての詳細は、こちらを参照ください。
(英語です。和訳はありません。)

RoHS2の超入門メール講座

禁止・制限物質の追加(2010年4月)

禁止・制限物質の追加(2010年4月)関連記事

SVHCと認可対象物質、Candidate list、閾値の関係
EUのREACH規則では、AnnexXIV(付属書14)で認可対象物質が定められています。認可対象物質はSVHCリスト(認可対象候補物質)から決定されます。
REACHに対応する各国の化学物質規制法
EUでの化学物質に関する規制は、REACHとして発効しましたが、
日本を含め、諸外国にも同様の規制があります。
化学物質規制法について概要を説明します。
中国版REACHの概要と今後の対応
中国にもEU(欧州)のREACH規則に似た規制が施行されました。概要と今後の対応について解説します。