EU加盟国と法体系

EU(欧州連合)と法規制の関係



 

電気電子製品の環境法規制といえば、まずはじめに頭に浮かぶのがRoHS指令でしょう。
RoHS指令は2006年7月発効後、対象機器の拡大、CEマーキングの必須化などの内容改正を行い、2013年1月に改正RoHS指令として発効されています。

 

改正RoHS指令(2011/65/EU)は、EU法の「指令」です。
「指令」という、日本では聞き慣れない法律名ですが、EU法にはそのほかに、REACHに代表される「規則」や、「決定」といった名前がついていいる法律があります。

 

それぞれに特徴があり、EU各国法よりも優先される法律があったり、各国法になってから初めて規制が開始するものもあるので注意が必要です。

 

このカテゴリでは、EUの加盟国や法律の体系などを説明します。

 




EU(欧州連合)の加盟国と法体系記事一覧

EU(欧州連合)は、ベルギー、ドイツ(加盟時西ドイツ)、フランス、イタリア、ルクセンブルク、オランダの6ヶ国による1952年の欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)設立から、その後、第6次拡大までが行われています。2014年1月現在、EU加盟国は28ヶ国、EU加盟候補国は5ヶ国です。REACH規則やRoHS指令のような「規則、指令」等の二次法は、EU加盟国内で適用されることになります。「規則」はEU加盟各...

EUの法体系は一次法、二次法、判例の3種類から成っています。一次法(条約)一次法とは、EUの設立条約や改正条約にあたる基本条約を指しています。加盟国政府間による直接交渉によって内容が合意されるもので、日本で言えば憲法に相当するものです。EC条約(欧州共同体設立条約)やニース条約、アムステルダム条約、ローマ条約などがあります。二次法(共同体立法)二次法とは、一次法(条約)を根拠に制定され、EU域内で...

EUの法令は複雑です。電気電子機器に関する法規制を見ると、「EEC、EC、EU」と番号、年の組み合わせになっていたり、European Community、European Unionなどという言葉が変わってきていたりします。これらEUに関する法令の違いを簡単に説明すると以下のようになります。EECからEUへ2014年1月現在、EUはどんどん拡大し、加盟国は28ヶ国になりましたが、初めからEU(欧...

欧州連合(EU)、欧州自由貿易連合(EFTA)、欧州経済地域(EEA)など、ヨーロッパ各国の連合体、共同体などはREACH規則やRoHS指令、CEマーキングの対象国として深い関わりがあります。(欧州経済地域は欧州経済領域とも呼ばれています。)EUの法令対象国をどう考えればよいか、まとめます。欧州連合(EU)<加盟国:計28ヶ国>アイルランド、イタリア、英国、エストニア、オーストリア、オランダ、キプ...

EUのREACH規則やRoHS指令等の対象国は、実はEU(欧州連合)加盟国ばかりではありません。このサイトでも便宜上、分かりやすくするために「EU加盟国」や「EU域内」といった表現をしているところがありますが、実際には各々の規制類に対して適用される(対象になる)国は、「EU加盟国」だけでない場合が多々あります。RoHS指令(2002/95/EC)の場合RoHS指令(改正前の旧RoHS指令)は、EU...