適用除外用途の官報公布について(2019年2月5日分)


こんにちは。麻砂子です。

 

今回は、2月5日にEU官報で公布されたRoHS指令の適用除外用途について
説明したいと思います。

 

 

官報が公布されてからもう1週間経ちましたし、
今回は何かと話題になっているのでご存知の方も多いと思いますが、

 

適用除外用途の延長申請が行われていてずっと検討中だった残りの分が
2月5日にEU官報で公布されました。

 

正確に言えば、ランプ類についてはまだ公布されていないんですが、
こちらはErP指令(エコデザイン指令)との関係があって、
検討が長引いているとのこと。

 

なのでこのランプ類はちょっと置いておくとして。

 

電気電子部品に影響が大きい適用除外用途の分が
やっと公布されたということなんです。

 

今回、延長申請分の関係で公布されたのは、
7(c)-II、7(c)-IV、8(b)、15、21、29、32、37項です。

 

これらは、
今までの除外用途の内容が置き換わることになります。

 

また、18(b)は細分化され、42が新規で追加されています。

EU官報は以下のURLから確認できます。
2019年2月5日 EU官報

 

 

今回の適用除外に関係するページは以下。

 

・P5:No.7(c)-IIを置き換え:COMMISSION DELEGATED DIRECTIVE (EU) 2019/169
・P5:No.7(c)-IVを置き換え:COMMISSION DELEGATED DIRECTIVE (EU) 2019/170
・P11:No.8(b)を8(b)と8(b)-Iに置き換え:
COMMISSION DELEGATED DIRECTIVE (EU) 2019/171
・P14:No.15を15と15(a)に置き換え:
COMMISSION DELEGATED DIRECTIVE (EU) 2019/172
・P17:No.21を21と21(a)、21(b)、21(c)に置き換え:
COMMISSION DELEGATED DIRECTIVE (EU) 2019/173
・P20:No.29を置き換え:COMMISSION DELEGATED DIRECTIVE (EU) 2019/174
・P23:No.32を置き換え:COMMISSION DELEGATED DIRECTIVE (EU) 2019/175
・P26:No.37を置き換え:COMMISSION DELEGATED DIRECTIVE (EU) 2019/176

 

・P29:18(b)を18(b)と18(b)-Iに置き換え:
COMMISSION DELEGATED DIRECTIVE (EU) 2019/177

 

・P32:No.42を追加:COMMISSION DELEGATED DIRECTIVE (EU) 2019/178

 

で、サイトの記事を英語と和訳を入れて修正しました。

URLは以下です。
表の下、横スクロールで表の右側が参照できるようにしています。

適用除外用途:AnnexIIIの和訳

 

 

ここからがちょっと解説。

 

上記サイトのページは、
「現行で有効な適用除外用途」を既に置き換えた形になっています。

 

7(c)-II、7(c)-IV、8(b)、15、21、29、32、37、18(b)の
置き換え分(官報公布分)については、

 

2020年3月1日が施行日ですので、これより前の日については
置き換え前の適用除外用途が適用されることに注意が必要です。

 

 

42の追加分については、2019年7月22日が施行日ですので、
この日以降に適用可ということですね。

 

逆に言えば、これより前の日については
この適用除外用途を使ってはいけないということです。

 

42の例で言えば、適用できるのはカテゴリ11のみで
2019年7月22日に適用が開始され、有効期限は2024年7月21日まで、
ということになります。

 

 

今日はサラッとこのへんで終わりたいと思います。
それではまた次回!


カテゴリー
最近の投稿
当サイトについて

こんにちは。管理人の麻砂子です。

当サイトでは、EUのRoHS指令を中心に、電機電子製品に関連する海外の製品含有化学物質関連規制の情報を紹介しています。

⇒ 詳細はこちら

【RoHS対応の手引き】内の検索