EU加盟国と法体系



EU加盟国と規則、指令等の適用範囲

EU(欧州連合)は、ベルギー、ドイツ(加盟時西ドイツ)、フランス、イタリア、ルクセンブルク、オランダの6ヶ国による1952年の欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)設立から、その後、第6次拡大までが行われています。
2014年1月現在、EU加盟国は28ヶ国、EU加盟候補国は5ヶ国です。

 

REACH規則やRoHS指令のような「規則、指令」等の二次法は、EU加盟国内で適用されることになります。
「規則」はEU加盟各国で同じ規制内容が適用される状態になり、「指令」はEU加盟各国内の法律で規定されたものがルール(規制内容)になります。
(規則、指令、決定等の適用は、EEAの場合もあります。詳しくはこちらのEU、EFTA、EEAとEUの法令対象国のページを参照ください。)

 

EU加盟国一覧(28ヶ国)

アイルランド、イタリア、英国、エストニア、オーストリア、オランダ、キプロス、ギリシャ、クロアチア、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ(加盟時西ドイツ)、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルク

 

原加盟国

ベルギー、ドイツ(加盟時西ドイツ)、フランス、イタリア、ルクセンブルク、オランダ

 

第1次拡大(1973年)

デンマーク、アイルランド、英国

 

第2次拡大(1981年)

ギリシャ

 

第3次拡大(1986年)

ポルトガル、スペイン

 

第4次拡大(1995年)

オーストリア、フィンランド、スウェーデン

 

第5次拡大(2004年(10ヶ国)および2007年(2ヶ国))

キプロス、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、マルタ、ポーランド、スロバキア、スロベニア(2004年)
ブルガリア、ルーマニア(2007年)

 

第6次拡大(2013年)

クロアチア

 

 

EU加盟候補国一覧(5ヶ国)

アイスランド、セルビア、トルコ、マケドニア(旧ユーゴスラビア)、モンテネグロ




EU加盟国一覧関連記事

EU法令「規則、指令、決定」とは
EU(欧州連合)の法令体系について解説します。EUには一次法や二次法などがあり、RoHS指令やREACH規則は二次法に該当します。
EUの法令「EEC、EC、EU」の違い
EU(欧州連合)の規則、指令、決定等の法令は、「EEC、EC、EU」と番号、年の組み合わせで番号がついています。「EEC、EC、EU」の違いを解説します。
EU、EFTA、EEAとEU法令対象国
EU,EFTA,EEAなど、ヨーロッパ各国の連合体、共同体などの一覧です。REACH規則やRoHS指令、CEマーキングの対象国と深い関わりがあります。
EUの「規則、指令、・・・」の対象国
EU(欧州連合)のREACH規則やRoHS指令、CEマーキング等の法規制対象国を解説します。